権利収入とはいわゆる不労所得というやつです。

副業をするのであれば労働収入ではなく権利収入を得ることが大切ということです。

現在、企業で働いている方が得ている収入は自分の時間と労力を対価に受け取る労働収入に分類されます。

そのため怪我や病気で入院した時や老後、体が思うように動けなくなってしまった時には収入が0になってしまいます。

逆に権利収入が得られれば老後も働く必要はなく体が元気な状態なら海外旅行などにも気兼ねなくいくことができます。

権利収入を得るためには労働収入と比べてそれなりの時間がかかります。

そのため早いうちから始めるのがいいでしょう。

僕がおすすめする不労所得はFXで行う「トライアングルアービトラージ」という手法になります。

この手法を使うと月利15%を安定して得ることができ、不労所得として運用することができます。

誰でも行える手法になりますので不労所得の仕組みを構築したい方は是非導入してみてください。

おすすめの記事