家を売る側の立場と購入者の心理について

持ち家を売るという立場になって考えてみましょう。

例えば、住んでいた物件を売りに出すとします。

売りに出してすぐに買い手があらわれると思うかもしれませんが、よほど安くない限り、買い手はなかなか現れません。

なぜなら、不動産の流動性は低いからです。

不動産は大きな買い物なので、購入者もじっくり吟味してから購入する。

このように決定まで時間がかかるので、希望の物件があったとしても、今すぐ買おうとはならないものです。

なので、売りに出している人からすると、「なぜ自分の物件は売れないだろう?」と不安になります売りに出して3ヶ月や半年、買い手があらわれないことも当たり前のようにあります。

家を売りに出す人は、何回も物件を売ってきた経験者ではなく、ほとんどが初めて不動産を売却するという立場にいます。

なので、どれぐらい待てば売れるのか、どうすれば売れるのかということは分かっていません。

つまり不動産取引に関しては素人です。

さて、ここからはFX投資についてのお話になります。

私が実際に運用している投資法でFXSUITで行う「さんすくみ」というものがあります。

さんすくみは月利15%を安定して運用できる投資法で、リスクなく長期的に運用することができます。

口座登録も5分ほどで行えます。

資産運用の一つとして運用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事