不動産の価格も、やはり需要と供給の関係で決まる。

よく、郵便受けに不動産屋のチラシが入っていることがありますが、そこには「新築戸建て3500万円」「2LDK中古マンション1600万円」というように、物件とその価格が掲載されています。

この価格はどのように決まるかご存じでしょうか?

路線価を元に・・・・近隣の物件の販売価格の相場を元に・・・・と色々あるかもしれませんが、基本的に不動産の価格は「売り主の希望価格」です。

つまりこの価格は、売り主が「この価格で売りたい」という単なる希望価格でしかないのです。

「今すぐに金が必要なので、相場より安い値段に設定して早く売りたい。」「急がないので、相場よりも少し高い値段を提示しておいて売れるまで気長に待つ。」「購入した値段より安く売るのはイヤだから、購入した値段で売りに出す。」このように、物件の価格には売り主の気持ちが反映されています。

何が言いたいのかというと、物件の価格は「売り主の希望価格」なので、交渉次第で下がるということです。

中古物件の価格は、売り主の希望価格でしかありません。

もちろん、ある程度は相場に沿っていますが、売主の状況によって価格はまちまちです。

そう考えると、相場より安い価格がついている物件は売り急いでいる可能性があり、相場より高い物件は「急がないので希望の価格で売りたい」という想いが込められています。

しかし、相場より高い価格がつけられていれば、いつまでも買い手があらわれずに結局値が下がることになります。

したがって、不動産価格というのも、大抵は相場価格に収斂してくるものです相場より安いものは売れて市場から消え、相場より高い物件は売れ残り、結局は相場の価格に近づいていく。

そう考えると市場に出ている物件の価格というのは、概ね相場の価格になると考えて良いでしょう。

不動産の価格も、やはり需要と供給の関係で決まります。

その地域の物件の需要が高ければ価格は上がり、需要が少なければ売れないので、価格は下がっていきます。

さて、ここからは私が行っている投資法について紹介いたします。

私が行っている投資法はFXで運用する、スワップトレードになります。

スワップとは通貨間の金利で、毎日付与されるものになります。

このスワップで月利15%の収益を獲得することができるのがFXSUITの「さんすくみ」になります。

さんすくみは銀行の預金感覚で行え、かつ、リスクなく長期的に運用することができます。

口座開設も5分ほどで行えるので是非、FXSUITのさんすくみを資産運用のひとつとして活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事