海外証券会社を利用する際に必須の「WikiFX」について

今回はFX証券会社の情報収集コンテンツの紹介になります

皆さんはFX証券会社の情報収集についてはどのように行っているでしょうか?

ほとんどの方はWebのランキング形式のサイトのから情報を収集しているかと思います。

国内証券会社の場合は国内の金融ライセンスの保有が必要なので国内で営業している証券会社はは信用性が高いです。

海外証券会社の場合は日本の金融ライセンスは取得できないため口コミまたはHPで確認することが多いかと思います。

口コミやHPを見て証券会社を選ぶこともいいですが、そこに惑わされて悪質な証券会社の口座を開設しお金を持っていかれる方も少なくありません。

なのでWeb上の情報は100%信じるのは辞めましょう。

国内・海外問わず証券会社が怪しいか怪しくないかを調べるサービスがあります。

「WikiFX」というサービスコンテンツで19000以上の証券会社の情報が公表されており、詐欺業者なのかライセンス取得情報などが見られるので海外証券会社を利用する際は「WikiFX」を活用してみてください。

また、WikiFXは毎年エキスポを開催しており大手証券会社も参加しています。

2020.12.11~12 にはアジアワールドエキスポが香港で開催されます。

国内でも有名なXM Trading なども参加しているエキスポでFXでは世界的に権威のあるイベントになります。

このイベントに出展している証券会社は信用性があるので是非WikiFXのイベント情報を確認してみたください。

今口座開設数が伸びてきているFXSUITについてもWikiFXのスポンサーとなっているとのことでアジアワールドエキスポで出展ブースが開かれるとのことです。

FXSUITは取引がしやすいことから伸びている証券会社で、独自のトレード手法の「さんすくみ」も話題になっています。

私が今一番推している証券会社になりますので是非見てみてください。

おすすめの記事