投資詐欺案件を見極める6つのポイント

こんにちは、FX歴15年の私です。

今回はFXにかぎらず世の中全般の投資詐欺について話してみたいと思います。

詐欺師っていうのは事前にチェックポイントをクリアしていれば騙されることはないです。
100万円必ず返ってくると思って出資をするんですけど99%詐欺案件です。

今回は胡散臭い投資の詐欺案件を見極める6つポイントについて紹介していきます。

色々な投資案件、詐欺案件を目にしてきました。
詐欺師というのは事前に大体チェックポイントをクリアしていれば誰も騙されることはないです。
是非、皆さんもそういう案件が今後きたときにこの6つのポイントをしっかりチェックすることで詐欺に引っかからないようにしてください。

まず1つ目なぜお金を集める必要があるのか
向こうも理由を用意しています。
正当な理由なのか?本当に腹落ちできる理由なのか?というのをとにかく聞きいてください。

当然ではありますが、信じられるものなのかどうなのか、ここがポイントだという風に思っています。

月利20%とかの配当をして利益が出るようなビジネスっていうのはそもそもありえません。
まっとうな事業であれば銀行からお金が借りられます。
儲かる斬新なビジネス、事業ですと事業計画がありますと銀行に持っていって、一億は無理だとしても最初に数百万円~数千万円だったら確実に借りられると思います。
銀行じゃなくても日本政策金融公庫とかのいわゆる国金で、1000万円,2000万円ぐらいだったら融資は割と難易度低くできます。

なぜ銀行とか金融機関からお金を借りずに、なぜ個人から50万円とか100万円とかの小額のお金を集めようとしてるんですか?ということを聞く必要があります。

銀行から借りた場合というのは当たり前ですけど低金利です。
2000万円借りたとして年利で1%とか2%ぐらい、高くても3%,4%ぐらいです。
銀行から借りたほうが事業運営する側としては当たり前にコストが下げられるわけです。
 

投資詐欺案件を見極めるポイント1

なぜお金を集める必要があるのか?これ必ず絶対に確認してください。

投資詐欺案件を見極めるポイント2

出資するお金を借入してはダメです。これは絶対ダメです。
万が一、100万円、200万円ならいいでしょう。出資をしましょう。
別に胡散臭くない案件で、ちゃんと銀行からも借り入れできてて、資料も見せてくれて、信じられそうで信頼もあるとして、100万円,200万円出しましょうとなった場合でも出資というのは必ず手元の自己資金で投資をしてほしいと思います。
確率でいうと10件あったら1個当たるかどうかぐらいになります。
基本的には9割方当たりません、返ってこないと思ってください。

100万必ず返ってくると思って出資をしますが、100万を出した瞬間にこれは帰ってこないお金だと思ってそれでもそのリスクも踏まえて考えて投資をしてください。

信じてしまう気持ちもわからなくもないですが99%詐欺案件です。気を付けてください。

絶対借り入れしてはいけません。

万が一出資をする時は手元資金、自分が持っている資金で出しましょう。
手元資金が無いのに借入をしては絶対にダメです。

投資詐欺案件を見極めるポイント3

自分が持ってる純資産の10分の1までの投資額で抑えましょう。
例えば貯金が1000万円あるとします。
1000万円あれば、100万円までのハイリスクなまだいいと思います。
自分のマイルールを作った方がいいです。1000万円持っているとそういう提案されたときに、今までこういう提案をされたことが無かったから不動産投資だと利回り10%、自分が持っている1000万が月利5%だと毎月50万入ってくると、毎月50万でリタイアできるぞという風に考えます。

まれに全額投資をしてしまう人がいます。
1000万円全額入れてもそのリスクを加味できてないんです。

投資っていうのはリスクを加味してやるべきなので、この1000万円が返ってこないというリスクを考えるべきなんです。
確実に増えそうだなと思ったとしてもそれは主観でしかないです。
増えると思ってしまってるだけなんです。
なので10分の1に抑えるんです。
1000万しか持ってない人は100万ぐらいだと投資をしてもいいかなと思います。

10分の1とかにしておけば、ああダメだったら勉強できたらこういうこともあるんだ、儲 かると思っていたけど騙された、悔しいと、その悔しい経験から勉強してちょっとずつ投 資の知識っていうのが身についていくわけです。

一発退場してしまうと知識が身につく前に退場になってしまいますので気を付けてください。

投資詐欺案件を見極めるポイント4

決断を急がされるときは絶対に疑ってください。
紹介してくれる人、出資の担当者、責任者
よくある詐欺案件っていうのは絶対に結論を急かしていきます。

まっとうな案件に関しても、急かすということは当然すると思います。
ちゃんとした大企業の営業マンであっても当然期限を区切って急かすということはしてきます。
これは当たり前だと思うの案件とか期日を急かすことがダメと言ってるわけではないです。ご理解ください。

決断をするということは前に進めるということだけじゃないです。断ることも含めてますので決断するということは、やる・やらないとその場で決めるということです。

勢いに任せてやりますって言っちゃうのは違うわけです。これは決断ではなくて思考が停止してるだけです。
胡散臭いな、詐欺案件ぽいな、リスクが高いなと思ったら、やらないという決断をスパッとしてしまうというのはものすごく重要なので全てを明確にした上でスピード感をもって判断してください。

投資詐欺案件を見極めるポイント5

事業にお金を出すのではなくて人にお金を出しましょう。
皆さんのところに回ってくるような小さな出資案件とか投資案件というのは事業にお金を 出すのではなくて、人にお金を出してください。

これ何でかと言うと、よく投資案件に出資する際に事業の内容を細かく見ましょうとかありますけど、私は正直、数百万円とか数千万円ぐらいの投資案件・事業投資であれば事業はほとんど見ません。
ただ、数千万円とかになると、当然その会社の規模や成長性とか何をやっているのかとか 色々見ますが基本は人を見てお金を出すようにしています。

その業界に精通している事業じゃない限りは事業計画の正当性なんていうのはわからないものです。
よくある詐欺案件の場合に、なぜ出資しようと思ったんですか?って質問します。
「信頼する何々さんに紹介された案件だから大丈夫だと思った」と言います。

紹介者がグルなのかどうか全くわかりませんけど、法的にはその紹介者さんは責任を絶対とってくれません。

どんなに金額が小さくても大きくても絶対責任を取ってくれません。
紹介者は大体こう言います。
「私も騙された被害者なんですと」
「私も投資をしてました」
「紹介したのは申し訳ないけども」
「私も騙されたから私も被害者なんです」

出資するのはもう自己責任です。紹介者のせいではありません。
しっかり見極めましょう。あなたが出資したのが間違いだったんですよね。

投資詐欺案件を見極めるポイント6

複数名多くの出資者を募っている場合は要注意です。

1億円集めるのに、私だったらエンジェル投資家から5000万円2人とか、3000万円3人とか、4人とかを集めていくわけです。
ただ、複数名とか多くの出資者を募るっていう場合は要注意です。

投資案件なんて本当に良いものであればエンジェル投資家とか、お金をたくさん持った投資家が出資するんですよ。

よっぽどの規模の案件は別です。

例えば、一口5000万円×100とかの案件です。まぁそんなことはほぼありえないと思いますけど、そのっぐらいの規模の投資案件だったらかなり母体としては上場企業とか、大きなファンドとか、ちゃんとした会社だと思いますし、一般のあなたにそのような大きな規模の話がくることはまずありません。

投資詐欺案件を見極めるポイント番外編

出資する会社、代表者は最低限調べてください。
例えばよくあるのですが、騙されたとわかって、これもしかして騙されたかもしれないと気づいて、名刺を見るじゃないですか、名刺を見て住所に行ったらバーチャルオフィスだったとか、誰もいませんでしたみたいなことがあります。
いやいやそれを出資する前に行きましょうよという感じです。

本当に最初から詐欺をしようと思っている会社の場合は、会社を倒産させるまでのストーリーというのが最初から決まっています。
結果的に経済状況の変化があってうまくいきませんでしたとか、事業がこれだけ頑張ってきましたけどうまくいかなかったと絶対言うんですけど、これは用意された理由です。
最初から詐欺案件の場合は逃げ切れるようにいろいろと準備がされています。
確実にまず登記簿謄本は上げましょう。

住所調べてちゃんとオフィスに行きましょう。
詐欺師が用意周到な場合は正直どれだけ調べてどれだけ資料準備しても無駄です。
ただ、最低限は調べておくに越したことはありません。

浅はかな詐欺師だったらちょっと調べれば分かることでなんでバーチャルオフィスなの?とかちょっと怪しさが出てきたりするので必ず調べてください。

ということで本日は胡散臭い投資のいわゆる詐欺案件を見極める6つのポイントということで記事を書きました。

世の中は詐欺師ばかりで今は暗号通貨を用いた詐欺案件が増えてきています。
配当型ウォレットやマイニング詐欺が多いので皆さんも気を付けてください。
月利20%はありえないです。また、勧誘も酷いところでは実際に会って勧誘してきたり、打合せと称して知り合いを勧誘したりと手口は様々です。
くれぐれも目先の利益を求めて詐欺に引っかからないようにして下さい。

おすすめの記事