もう一つ余分に財布を持つ!IBH×TLCに泉忠司氏が参戦!投資・副業として成り立つか?

投資案件って沢山ありますよね。
ポンジスキーム(詐欺案件)って疑ったりしませんか?

長いゴールデンウィークに入り、コロナでの経済不安で、「副業」や「投資」など副収入を考える人は多いと思います。

私は常日頃から「副業」や「投資」を勧めてきました。
理由はサラリーマン等では明るい将来が見込めないからです。
サラリーマン
才能ある人なら起業するなどで、稼げます。
ですが、起業もリスクはありますし、凡人では無理です。
私はサラリーマンも旨味があると思いますよ。
健康保険や厚生年金が会社で半額負担されますし、福利厚生がしっかりしている会社なら、ひと昔なら勝ち組です。

ですが、サラリーマンも何があるか分からない時代になって来ています。
本業(サラリーマン)の財布の他にもう一つの財布を持つのをお勧めします。

その、もう一つの財布に今回「IBH×TLC」案件を調べてみようと思います。

「IBH×TLC」は2019年3月に海外でスタートされ。
その後、2019年8月に日本へ提供が開始されました。

マレーシア投資銀行(IBH)と香港のFX会社(TLC)が運用する元本保証型の投資案件です。

保険付きの自動取引投資って聞いた事はありますか?

どういった保険なのでしょうか?
150万円入金したとします。
150万円入金したとします
100万は本口座に50万は保険口座にいれ、100万の口座を2つ作ります。
100万の口座

取引口座で利益が出たときの3%を利益とします。
この差額の3%を抜きます。
保険は30%までの間に掛けられています。
3%の利益を出すまでは保険がかかっていません。

保険をかけずに3%だけを取ればいいのではないでしょうか?どうせ3%を取るときは保険がかからないのですから。
そうすれば、保険口座の100万円はかかりません。

でも、プロトレーダーが3%を取りますなんて言っても今までよくある案件とかわりませんよね。

保険がかかった案件と聞くとどうでしょう。
安心感があるような気がしませんか?

「IBH×TLC」は紹介報酬が3つあります。
① 紹介(EA保険口座)ボーナス
② 取引毎のリベート報酬
③ リーダーボーナス

ただし、4月15日に①の紹介ボーナスが打ち切られました。
私の考えですがポンジスキーム(自転車操業)で、新規が取れず、収入が減ったのではないでしょうか?

例えそうでないにしても、打ち切る理由はなんでしょうか?
そう考えると、不安な案件ですね。

この様に、中立な目で見る事を皆さんもした方がいいですね。
良いものは良い。不安な点があれば、様子を見るやらない。

FXSUITでの3すくみなどは、私も検証して始めていますがコロナショックでも影響を受けず、利益を伸ばしています。
お金を預けて放置ではなく、自分でセットできるのが安心ですね。
登録方法これからの「副業」「もう1つの財布」に、どうでしょうか?

おすすめの記事