購入金額の回収

不動産投資にはいくつかの壁(障害)があると言われていますが、第1の壁は「購入金額を回収できるか」という点にあります。

購入金額の回収は入居者からの家賃収入によって行いますが、賃貸物件には空室リスクがつきまといます。

しかし、購入した物件に自分が住めば、自分が入居者になって自分に家賃を払うことになるので、空室リスクはゼロです。

つまり買った物件に自分が10年間住み続けることで、購入金額の回収は100%約束されています。

いま賃貸に住んでいる人は、その物件の大家に家賃を払っています。

これは、その物件の大家の懐を潤すことになりますが、自分が大家になり自分に家賃を払えば、他の大家を潤す代わりに自分の物件を購入する資金になるのです。

このように初期資金の確保、または、ローンを組むことさえできれば比較的スムーズに不動産を運用することができます。

逆に言えば、資金の確保、ローンを組むことができなければ不動産投資を始めるのは難しいです。

私の行っている投資法は誰でも簡単に行うことができ、不動産とは違い2万円から運用することができます。

FXで行うスワップ金利を用いた手法で、運用資金の15%を安定して獲得することができます。

この手法はFXSUITという海外証券会社でのみ行うことができる手法です。

口座開設も5分ほどで開設でき、手法もポジションを保持するだけですので簡単に資産運用することができます。

おすすめの記事